オークスレース展望

レース展望

リバティアイランドは3枠5番

オークスの枠順が発表されましたね。
注目のリバティアイランドは3枠5番に入りました。
対抗となる馬が見当たらないのが現状です。
おそらく当日も単勝1倍台になることは間違いないでしょう。
過去5年のデータから対抗となる馬はどれなのか、それともリバティアイランドには不利なデータが出てくるのか、見てみたいと思います。

①枠順成績

過去5年間の枠順別で3着以内に来た頭数、全15頭を確認すると
1枠:4頭
2枠:1頭、
3枠:0頭(リバティアイランドの枠)
4枠:4頭
5枠:2頭
6枠:0頭
7枠:2頭
8枠:2頭
といった感じで、比較的内枠有利ではありますが、3枠は馬券に絡んでいません。
ちなみに昨年の1人気のサークルオブライフも3枠でした。
リバティアイランドにとってはマイナスなデータですね。

②前走は崩れてない桜花賞組が強い

過去5年、前走が桜花賞組が必ず馬券に絡んでます。
2022年
1着:スターズオンアース(桜花賞 1着
2着:スタニングローズ(フラワー 1着)
3着:ナミュール(桜花賞 10着

2021年
1着:ユーバーレーベン(フローラ 3着)
2着:アカイトリノムスメ(桜花賞 4着
3着:ハギノピリナ(矢車賞 1着)

2020年
1着:デアリングタクト(桜花賞 1着
2着:ウインマリリン(フローラ 1着)
3着:ウインマイティー(わすれな草賞 1着)

2019年
1着:ラブズオンリーユー(わすれな草賞 1着)
2着:カレンブーケドール(スイートピー 1着)
3着:クロノジェネシス(桜花賞 3着

2018年
1着:アーモンドアイ(桜花賞 1着
2着:リリーノーブル(桜花賞 3着
3着:ラッキーライラック(桜花賞 2着

ナミュールを除いて、前走桜花賞でオークスで馬券に絡んだ馬は、桜花賞で掲示板に載った馬です。
そのため前走桜花賞で掲示板を確保した馬には注意が必要です。
今回該当するのがリバティアイランド、コナコースト、ハーパー、ペリファーニア、ドゥアイズになります。
ナミュールは桜花賞は掲示板外の着順でしたが、もともとは素質がある馬で、阪神ジュベナイルフィリーズでは1人気に推されていた馬です。昨年のジュベナイルはリバティアイランドが1人気でしたので、ナミュール的な要素がある馬は居ないと思われます。

③前走重賞なら3着以内、オープン特別、条件戦なら1着

過去5年で前走が重賞の馬は
・スタニングローズ(フラワー 1着
・ユーバーレーベン(フローラ 3着
・ウインマリリン(フローラ 1着

と3着以内の馬が好走しており、オープン特別、条件戦だと
・ハギノピリナ(矢車賞 1着
・ウインマイティー(わすれな草賞 1着
・ラブズオンリーユー(わすれな草賞 1着
・カレンブーケドール(スイートピー 1着

といった感じで馬券に絡んでいます。
今回これらに該当する馬が、ゴールデンハインド、ヒップホップソウル、ソーダズリングの3頭になります。

④第4コーナーで前目にいる穴馬を狙え

過去4年連続で単勝2桁人気の馬が1頭ずつ絡んでおり、そのうち3頭が先行した馬でした。
2022年:スタニングローズ(10人気 4コーナー4番手
2021年:ハギノピリナ(16人気 4コーナー12番手
2020年:ウインマイティー(13人気 4コーナー4番手
2019年:カレンブーケドール(12人気 4コーナー4番手

②、③のいずれかの条件を満たしており、人気はしないながらも、前目につけそうな馬はゴールデンハインド、ヒップホップソウルの2頭かと思います。

リバティアイランドは固い。あとは穴馬を絡めてどう買うか

以上からリバティアイランドにマイナスになるようなデータはありませんでした。
あとは相手にどういった馬を絡めて買うかだと思います。
おそらくリバティアイランドを頭に3連単を買っても、本命サイドだけだとオッズは期待できないと思います。
それなら2桁人気の馬をいかに選定して絡めて買うかが、我々競馬人の勝負の分かれ目だと思います。

【個人的予想】
リバティアイランド – ゴールデンハインド、ヒップホップソウルの馬連、ワイド 計4点。

タイトルとURLをコピーしました