平安ステークス レース回顧

レース回顧

制したのはグロリアムンディ!

改装後初となる平安ステークスを制したのは、1人気のグロリアムンディでした。
道中は3、4番手につけてレースを進めて、3コーナーあたりから徐々に押し上げて直線を向くときにはすでに先頭でした。追い上げるハギノアレグリアスとヴァンヤールを2馬身半抑えて優勝しました。
勝ちタイムは1:59.8。

本調子ではなかった?

川田騎手は、レース後のインタビューで、
『万全の調子ではない中で頑張ってくれました』
と答えていました。
馬体中は前走から+9キロの510キロで、過去最高体重でした。
もしかしたら絞り切れてなかったのかもしれません。
前走のダイオライト記念が約2.0秒離して勝っているので、そこからの9キロの馬体中なので、本来の体重ではなかったかもしれませんね。
それでも2馬身半を付けての勝利なので、今後が楽しみになってくるでしょう。

ノットゥルノは9着

4人気だったノットゥルノは9着に敗れました。
鞍上の武豊騎手は、途中で息切れしました、とコメントを残しています。
距離的には昨年のジャパンダートダービー(1着)、東京大賞典(2着)の2000mをこなせているので、距離的な問題ではないと思います。前走から12キロ増えていたので、その辺が原因なのかもしれません。

配当は固め。1人気ー2人気ー3人気

人気順で決まったため、配当は固めです。
単勝:280円
馬連:490円 馬単:850円
3連複:940円 3連単:3,030円

ブログでまとめたデータの結果は、、

平安ステークスの傾向をブログでまとめましたが、その結果は
・前走重賞ではない馬は除外 ⇒ 当たり!
・8人気以降は除外 ⇒ 当たり!
・4,5歳の馬が好走 ⇒ やや当たり!ハギノアレグリアスが6歳
・前走G1出走馬が狙い目 ⇒ 外れ。。。ノットゥルノが9着

 

タイトルとURLをコピーしました