葵ステークス レース展望

レース展望

ビックシーザーは1枠2番、ルガルは1枠1番

前走マーガレットステークスを快勝したビックシーザーは1枠2番、橘ステークスを快勝したルガルは1枠1番に入りました。
以下枠順になります。

1枠1番 ルガル 56.0 団野
1枠2番 ビックシーザー 57.0 幸
2枠3番 メイショウピース 54.0 秋山
2枠4番 トールキン 56.0 吉田隼
3枠5番 ペースセッティング 56.0 横山和
3枠6番 ヤクシマ 56.0 池添
4枠7番 アームズレイン 56.0 北村友
4枠8番 アンビバレント 56.0 斎藤
5枠9番 コーパスクリスティ 56.0 西村
5枠10番 カンチェンジュンガ 56.0 藤岡康
6枠11番 テラステラ 56.0 岩田康
6枠12番 エレガントムーン 54.0 鮫島
7枠13番 タツダイヤモンド 56.0 菱田
7枠14番 トラベログ 54.0 富田
7枠15番 モズメイメイ 55.0 武豊
8枠16番 コスモイグローク 56.0 丹内
8枠17番 ブーケファロス 56.0 松山
8枠18番 タマモブラックタイ 57.0 角田大

枠順別成績

過去5年の枠順別の3着以内の成績を見てみると
1枠(0、2、0)
2枠(1、1、0)
3枠(1、1、1)
4枠(2、0、2)
5枠(0、0、0)
6枠(1、0、0)
7枠(0、1、2)
8枠(0、0、0)

といった感じで内枠有利の傾向です。
特に大外枠は馬券に絡んでません。

人気別成績

過去5年の人気別成績は、
1人気(3、0、0、2)
2人気(0、0、2、3)
3人気(0、1、0、4)
4人気(0、0、1、4)
5人気(0、0、1、4)

となっており、人気サイドの決着という事は過去になく、毎年穴をあけている馬がいます。
過去5年で6人気以下が絡んだのは
2022年:コムストックロード(9人気)2着
2021年:レイハリア(13人気)1着、オールアットワンス(9人気)3着
2020年:レジェーロ(11人気)2着
2019年:アスターペガサス(13人気)2着
2018年:ゴールドクイーン(9人気)1着、ラブカンプー(6人気)2着

といった感じで、毎年6人気以降の馬が1,2頭馬券に絡んでますので、荒れる可能性は高いです。

牝馬が強い

過去5年、3着以内の馬の計15頭のうち、10頭が牝馬でした。
今年出走している牝馬は、メイショウピース、エレガントムーン、トラベログ、モズメイメイの4頭です。

第4コーナーを回った時点で9番手以内であること

前目が圧倒的有利のレースです。よほどの末脚がない限り、差し追込み勢は軽視して良いかと思います。

まとめ

①内枠有利
②6人気以降の馬を馬券に入れるべし
③牝馬を馬券に入れるべし
④逃げ、先行馬を馬券に入れるべし

といった感じです。
個人的には上記のすべてがあてはまっているメイショウピースなんかが面白いと思ってます。
もしくは外枠だけど、トラベログも良いんじゃないかと。

個人的予想
1,2ー3、14、8、4 馬連、ワイド

タイトルとURLをコピーしました