思い出の宝塚記念 ラブリーデイ

ピックアップ記事

上半期の総決算である宝塚記念が今度の日曜日に行われます。
私の中で思い出のある宝塚記念をいくつか紹介したいと思います。

2015年 宝塚記念

この年の1人気はゴールドシップでした。阪神の鬼と言わんばかりに、阪神は無敵の強さを誇っていました。


この頃はすでに暴れん坊将軍になっていたため、いかにジョッキーが鎮めるかがカギとなりました。
そして、スタート直後に歓声は悲鳴に。
スタート直後に立ち上がってしまい大きな出遅れに。もうこの時点でいくらゴールドシップとは言え、挽回不可能に。

個人的には確かヌーヴォレコルトを軸に買っていたので、よっしゃー!と喜んでしました。
ですが、結果的に勝ったのはラブリーデイでした。2着に10人気のデニムアンドルビー、3着に11人気のショウナンパンドラが入り、3連単は50万超えの高配当になりました。


この時私は後悔しました。なんでラブリーデイを軸にしなかったのかと!ラブリーデイこの年は中山金杯、京都記念、鳴尾記念と宝塚記念を前に重賞を3勝しており、距離も1,800~2,200mと、まさに中距離の鬼と化していたのです!それなのに人気は6人気と絶好の狙い目だったのです!この人気で、この強さで買えるのは今しかないだろうと、何でヌーヴォレコルトを軸にしたんだと、それはそれは後悔しました。もう次の日の仕事なんかやってられるか!と己を責めるばかりでした。


この馬で秋を狙うなら天皇賞しかない!と確信し、これほどまでに天皇賞秋が待ち愛しい年はありませんでした。
ラブリーデイは秋は京都大賞典を快勝し(3連単GET)、続く天皇賞も見事買ってくれました(馬単万馬券GET)。
なのでこの年はラブリーデイ軸で馬券を組み立てた年だったので、私の中で印象深い宝塚記念でした。

タイトルとURLをコピーしました