スタイルを決める

ピックアップ記事

自分のスタイルを確立する

馬券を買うスタイルは決めたほうが良いです。レースによって馬券の買い方を変えるのはお勧めできません。例えばこのレースは馬連、このレースは3連単といった賭け方です。
私は基本的には馬連とワイドしか賭けてません。賭け方をある程度統一しておかないと、この賭け方が正しいのかどうかが判断できなくなります。判断できないと的中率にも回収率にも影響が出てきます。

フォーム改造の頻度を上げない

でも、賭けててイマイチ当たらない時ってあると思います。それでも自分の中でこの賭け方にするって決めたら、大体3か月は続けたほうが良いです。負けててもです。なぜなら大体3か月くらい賭けていると、その買い方の良し悪しが見えてきます。
野球で例えると、イチローは振り子打法で高い打率を残してきましたが、日本にいた時とメジャーにいた時のバッティングフォームは変わっています。とは言え、すぐにはフォームを変えていません。フォームを研究して年単位でテコ入れをしていました。あのイチローでさえすぐにはフォーム改造をしていないのです。
馬券も同じです。買い方をちょくちょく変えてしまうとスランプの原因になります。まずは3か月続けることが大事です。

自分の体力を知る

そしてもう一つ。自分の体力を知ることです。野球で常にフルスイングをしていたらすぐに疲れてしまいますよね。競馬も同じです。競馬でいう体力は財力のことです。重賞だからと言っていつもより多く掛金を使ってしまいがちですが、そこで負けてしまったら元も子もありません。常に同じ力でスイングが出来るよう、掛金も自分の財力に合った賭け方をしていくことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました